東京都足立区大谷田にあります《宗教法人福寿院》は、寺院経営(宗教活動)を通じて、ご信仰の大切さを広めていきたいと考えております。

 

福寿院ブログ

 
フォーム
 
花まつり
4月8日はお釈迦様の誕生をお祝いする日です。
 毎年、本堂の中に花御堂(はなみどう)をお祭りしておりましたが、檀信徒の皆様に広く知って頂き、お参りして頂けるよう、今年から本堂前の向拝にお祭りする事に致しました。
「花御堂」とは、花で飾った小さなお堂に、お釈迦様の像を甘茶で満たした灌佛盤(かんぶつばん)にお入れして祭ったものです。この小さな尊像に甘茶をかけてお釈迦様の誕生を祝います。
 
花まつり
今から2500年ほど前、インドの北の方にカピラという小さな国がありました。王様のスッドーダナ様とお妃のマーヤ様は、国の人々に尊敬され、幸せに暮らしていましたが、ひとつだけ悩みがありました。
それはまだ王子様がいないことでした。王様もお妃様も、毎日、王子の誕生を祈っておられました。
 ある夜の事です。マーヤ様は、六本の牙のある白い象が、おなかの中に入ってくるとという不思議な夢をごらんになりました。アシダ仙人を呼んで聞いてみると
「まもなく王子様がお生まれになります。」とおっしゃいました。
 春になって、マーヤ様は里帰りする途中、ルンビニーの花園でお休みになられました。ここで元気な玉のような赤ちゃんをお生みになりました。この時、何と空から甘露の雨(甘く清らかな雨が降りそそぎ、王子様の体を清めました。
その王子様がお生まれになった日が4月8日です。
甘露の雨が降ってきたという言伝えから、小さなお釈迦様の像に甘茶をかけてお祝いをするのです。
お生まれになった王子様はすぐに七歩あるかれ、右手は天を、左手は地をさして、
「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)とおっしゃったと伝えられています。
これは本当に七歩あるいて言葉を発せられたというよりも、お釈迦様のこの言葉と行動に教えが込められていて、2,500年もの間言い伝えられているのです。「天にも地にも自分のいのち(生命)はたった一つで貴重で尊いもの(大切なもの)」という意味で「生きとし生けるものの命はすべて(こんな小さな赤子の命でも)たった一つで貴重で尊いもの」「自分だけでなく、全てのいのちを大切にして、他を思いやる心(慈しみの心)をもちなさい」という教えで、七歩あるいたのは、人は誰でも自分の足で歩むことが出来この世の人々は本来全て平等であるという教えです。
王子はシッダルタと名づけられ、立派に成長しました。しかし王様にはならず出家し、つらい修行をし、この世の中を見つめ、覚りを開かれ、お釈迦様=ブッタ(目覚めた人)となって、たくさんの人々をその教えで救ったのです。
このお釈迦様の誕生をお祝いするのが花まつりです。
日本人の他を思いやる心は、この慈しみの心から来ており、1500年前に伝わったお釈迦様の教えが古くから日本人の心に宿っているのです。、最近外国人の旅行者に驚かれる日本のおもてなしの心も、このお釈迦様の教えが日本人の心に強く根付いている(宿っている)からではないでしょうか?。
 
困り事
2017-04-07
久しぶりのブログ更新です。落慶式の準備でなかなかアップ出来ませんでしたが、お陰様で本堂新築工事も順調に進み、来月に落慶式をむ迎えるまでとなりました。
 
毎年冬の間、いくら掃除をしても墓地や境内に供養花の花びらが散乱しています。注意して観察してみたら、どうやらヒヨドリの仕業でした。最近暖かく春らしく成り、気持ちよく境内の掃除をしていると、二羽のヒヨドリがいぼとり地蔵尊のあたりで仲良く並んで遊んでいるように見え、可愛らしいなあと思っていました。しかしよく見ると、いぼとり地蔵尊にお供えしているお花に食いついているではありませんか!!
しかもムシャムシャと菊の花ばかりを食べています。
          
 
写真を撮ろうと近づくと逃げられてしまうので、少し遠目で撮影してみました。
 
     
  黄色い菊の花が見事に食べられ、ピンポン玉のように丸くなっていました。しかもそこらじゅうに花びらが散乱しています。
冬の間、えさになる虫や木の実がないので、菊の花は貴重な食料になっているようです。確かに黄色い菊の花はエグミがなく人間にも食用になります。ヒヨドリもそれをよく知っているようで、食料の少ない冬の間お寺にせっせと通い菊の花を食べているようです。鳥たちも生きるために頑張っていると思うのでので、追い払わずに見守ってあげようと思いました。         
 
3月のいけばな②
花材
 写真左●小手毬・グロリオーサ・レモンリーフ
 写真右●フリージア・レモンリーフ
 
3月のいけばな
花材
 写真左●桃の花・金魚草・旭ハラン・カスミ草
 写真中●ストレリチア・シンビジウム・モンステラ
 写真右●レンギョウ・ストック・石化柳
 
ねこの日(キャサリンちゃんの一日の過ごし方)
2017-03-02
久しぶりのブログ更新になりますが、キャサリンちゃん情報をアップさせて頂きます。
2月22日は、222で、「にゃん」「にゃん」「にゃん」、ということで、猫の日だとご存知でしたか?
 最近、ご近所の方や、お檀家さん、配達関係の方々に、
「ねこちゃん、最近見ないけど、元気ですか?」とよく聞かれます。
キャサリンちゃんは意外と人気者で、毎日、顔を見に来る方や、スマホの待ち受け画面にして下さっている方までいらっしゃいます。
 現在、本堂新築事業も大詰めに入り、間もなく完成を迎えようとしております。
佛具屋さん、石屋さん、左官屋さん、電気屋さんと、工事関係の方々が、毎日忙しそうに出入りをしているので気が休まらず、猫はおくびょうなのでそれが昼間外に出ない原因になっているようです。
何処にいるかと言うと、実は名誉住職のマッサージチェアーの上が特等席で、昼間の間は一日中そこでお昼寝しています。
夜になると出てきて、じーっと道路の方を眺めていたり、何か獲物が来るのを待っているようにも見えます。キャサリンちゃんはノルウェー・ジャン・ホレストキャットという種類で体が大きいので(しかも肥満ぎみです)ご近所の飼い猫や野良猫は怖がって寄りついて来ません。
 
          
日曜日は、職人さんがお休みなので、このように玄関から外を眺めていたり、
 
  
 
 たまに外に出で、渡り鳥やスズメをじっと見つめていたり、来る人、来る人に愛嬌を振りまいたり、すり寄ったり、そうやって一日を気楽に過ごしています。
 でも、撫で方がちょっとでも気に入らないかったりすると……
 
           
 
このように、急に怒ったり、ひっかいたり、噛みついたりすることがあります!
猫は気まぐれで、特にキャサリンちゃんは野性味がすごく残っておりますので、飼い主もっびっくりする事があります。くれぐれもご注意ください……(甘え噛みされても痛いですよ!)
<<宗教法人福寿院>> 〒120-0001 東京都足立区大谷田3-11-26 TEL:03-3605-7820 FAX:03-3628-3535